skip to main content

もし、あなたがアンティークのクラシックカー、1950年代のマッスルカー、スーパーカー、アンティークのトラックなどを所有されていれば、車の種類にかかわらず、ご自身の特別な愛車に対して思い入れがあることでしょう。また、それらの車両は金銭的にも、かなりの価値があるものかもしれません。最近では、一部のクラシックカーは、数千万円やそれ以上で取引されています。だからこそ、大切な愛車を、厳重な保管施設や頑丈な車庫などに保管し、盗難や損傷から守ることが非常に重要なのです。

ただし、車両を保管出来るなら、どこでもいいというわけではありません。クラシックカーの保管場所を決める際には、以下のポイントを心にとめておきましょう。

  1. 中央警報システムとその他の監視機器を統合しましょう

    可燃性ガス漏れ検知器ガス漏れ検知器や、水流/水漏れ検知器、デジタル録画/カメラシステム、補助発電機などのその他の監視機器を、中央警報システムに接続することも検討しましょう。これにより、愛車にダメージを与えかねない事態が発生した場合に、通知を受け取ることができます。

  2. 消火システムを設置しましょう

    微粉末を使用する通常の消火システムとは違い、不活性ガスを使用すれば、愛車の外観を損ねることがありません。万が一の為に、不活性ガスタイプの消火システムの設置をおすすめします。

  3. 愛車に十分な空間を与えましょう

    クラシックカーの上にある棚やラック、フックには物を置いたり、かけたりしないようにしましょう。複数の車をお持ちの場合、車と車の間にスペースを確保しましょう。

    Classic-Car Img1

  4. 窓は覆いましょう

    ガレージや倉庫に窓がある場合は、ブラインドで覆い、外から車が見えないようにましょう。
    たくさんの車をお持ちの場合は、複数の施設で保管することをおススメします。
    これにより、ひとつの施設に問題があった場合に、すべての車が危険にさらされるという事態を防ぐことができます。

  5. 古い建物の場合、屋根を点検しましょう

    車を古い建物に保管している場合、専門業者に依頼を行い、屋根の健全性を評価し、必要に応じて、修理を行い、雨漏りを防ぎましょう。

  6. レストア作業は別の場所で行いましょう

    可燃物や汚れ、ほこりは、車の安全な保管の妨げとなります。ですから、クラシックカーのレストアが必要な場合には、他のガレージやクラシックカーを得意とする専門のショップで作業を行うようにしましょう。

    Classic-Car Img2

  7. 温度管理された、電源付きの設備を選びましょう

    温度変化や湿度を避けることで、愛車を最高の状態に保つことができます。また、ドライブに出かけようと思ったときにすぐエンジンをかけることができるよう、バッテリーメンテナンス装置を接続しておきましょう。

リスク管理のお役立ち情報

お客様の暮らしをお守りするヒントをお届けします。