最適な環境でご覧いただくために、異なるブラウザ(ChromeやEdgeなど)での閲覧を推奨いたします。
インターネットエクスプローラー経由では、当ホームページへのアクセスができなくなったり、一部の機能が十分に機能しない場合があります。

X
skip to main content

2021年4月1日より、制裁に関する特約、サイバー損害補償対象外特約、感染症補償対象外特約を追加する改定を行いました。詳しくはこちら

企業財産総合特約付普通火災保険

企業財産総合特約付普通火災保険(Property Pro Smart)は、中小企業の事業活動をとりまく様々な災害に備え、合理的なプランが選択できる火災保険です。

Property Pro Smart は企業の事業活動をとりまく様々な災害に備えた合理的なプラン選択ができる商品です。
 

特長

  1. お客様のニーズに応じて“ 3つのプラン” から選択できます。
  2. フルカバープランでよりワイドな補償が可能です。
  3. 財物損害補償と休業損失の補償を1 つにまとめてご契約できます。
  4. 特約付帯により、地震・噴火・津波による財物の損害も補償ができます。

     

財物のプラン別補償範囲

〇補償します
✖ 補償しません
△ 限定して補償します


 

お支払いする保険金の額等

お支払いする保険金は、上記のとおりです。
保険金をお支払いする場合およびお支払いする保険金の額についての詳細は、「Web約款」をご確認ください。

 

オプション(ニーズに合わせた各種特約)

補償を拡充させる特約をご用意しました。

  • 休業損害補償特約
    保険金をお支払いする場合
    火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹災(ひょうさい)・雪災、(台風・ 暴風雨・豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ等の)水災※ 3 、外部からの物体の落下・飛来、給排水設備事故の水濡れ、騒 擾(そうじょう)等、盗難などの事故により保険の対象が損害を受け た結果、営業が休止または阻害されたために生じた損失に対して保 険金をお支払いします。(上記の下線部分に起因する事故の場合に は、下記※ 3 をご覧ください。)

    保険の対象
    •  保険証券記載の日本国内にある建物または構築物およびこれら の所在する敷地内にある被保険者の占有する物件 
    • 保険証券記載の建物等のうち、他人が占有する部分
    • 保険証券記載の建物等に隣接するアーケードまたはそのアーケードに面する建物 
    • 保険証券記載の建物等へ通じる袋小路およびそれに面する建物等
    • 保険証券記載の建物等と配管または配線により接続している電 気、ガス、水道または電信・電話の供給・中継設備およびこれら に接続している配管または配線(下記※ 3 をご覧ください。)
       

保険金の支払額
休業損失:ご契約金額(粗利益日額)×休業日数
ただし、復旧期間内の売上減少高に支払限度率を乗じて得た額か ら復旧期間内に支払いを免れた経常費等の費用を差し引いた残額 を限度とします。

  • 休業損害補償追加特約
    休業損害補償特約で補償される事故による損害のほか、偶然な事 故により保険の対象が損害を受けた結果、営業が休止または阻害 されたために生じた損失に対して保険金をお支払いします。また、 空調設備、電気設備、給排水・衛生設備、消火設備、昇降設備、回 転展望台設備、シューター設備、厨房機械設備、駐車機械設備など に生じた電気的・機械的事故に起因する損害もお支払いの対象と なります。(この特約では、事故発生日を含む最初の 3 日間の損失 は補償できません。)

  • 借家人賠償責任補償特約
    火災や破裂・爆発によって借用戸室を損壊し、その借用戸室の貸主 に対して法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払い します。(建物の借用面積や職作業によっては付帯できない場合が ございます。)

  • 修理費用補償特約
    火災、落雷、破裂・爆発、外部からの物体の落下・飛来、給排水設 備事故の水濡れ、風災・雹災(ひょうさい)・雪災、騒擾(そうじょう) 等、盗難などの事故により、借用する建物または戸室に損害が生じ た場合において、被保険者(賃借人)が貸主との契約に基づき、自 己の費用で修理したときの修理費用を補償します。

  • 地震危険補償特約
    建物、屋外設備・装置、設備・什器、商品・製品などに生じた地震 または噴火による火災、破裂・爆発、損壊、水災等の損害を補償し ます。実際に発生した損害額から約款記載の自己負担額を差し引 いた額に、あらかじめ決めておいた縮小割合(%)を乗じた金額を お支払いします。[建物の建築年や構造等によっては付帯できない 場合がございます。また、休業損害は地震危険補償の対象にはなり ません。]

※ 1 休業損害補償特約を付帯する場合に付帯できます。
※ 2 借家人賠償責任補償特約を付帯する場合に付帯できます。
※ 3 事故発生日を含む最初の 3 日間の損失は補償できません。

※詳しくは、パンフレットをご覧ください

詳しい内容についてはパンフレットをご覧ください