skip to main content

今もなお、地震の発生やその規模を予知することはできませんが、地震に備えて、被害を軽減するための対策を取ることは可能です。

  1. 家屋、門やブロック塀などの強度を確認しましょう
    家屋の耐震診断を受けるなどして、診断結果をもとに必要があれば補強工事や改修をしましょう。家屋だけでなく、ブロック塀なども、地震の際の被害を最小限に抑えるために補強しておきましょう。

  2. 地震による家具類の転倒を防ぎましょう
    地震による家具の転倒や揺れを防ぐために、金具等でしっかりと固定しておきましょう

    earthquake Img
  3. 地震による火災の備えをしておきましょう
    ストーブ等の暖房機器の周辺には、可燃物を置かないようにしましょう。家屋の倒壊や家具の転倒により、ストーブなどの暖房器具に可燃物が接触することにより火災が発生します。

  4. 地震による火災の早期発見と防止対策をしておきましょう
    住宅用火災警報器を設置しておきましょう。ガス、電気は、毎日使用する必要があります。しかし、地震が起きた場合には、家と家族の安全を守るため、これらをすぐに止めなければなりません。

  5. けがの防止対策をしておきましょう
    懐中電灯、スリッパや手袋などをすぐに使える場所に置いておきましょう。夜間に地震が起きた場合、床や家の周りにあるがれき、割れたガラス、その他の鋭利なものなどから、手や足を守ってくれるはずです。

  6. 非常用持出セットを備えておきましょう
    非常用品は、置く場所を決めて準備しておきましょう。
    【非常用持出品】
    飲料水・携帯ラジオ・衣類・下着・履物・食料品(カップめん、缶詰など)・ペットボトルの水・貴重品(現金、印鑑など)・懐中電灯・救急用品・洗面用具・ヘルメット・雨具(防寒)・ウェットティッシュ・マスク・手袋など。Article Img2