最適な環境でご覧いただくために、異なるブラウザ(ChromeやEdgeなど)での閲覧を推奨いたします。
インターネットエクスプローラー経由では、当ホームページへのアクセスができなくなったり、一部の機能が十分に機能しない場合があります。

X
skip to main content

台風への備えは できていますか?

台風は壊滅的な被害を引き起こすことがあり、世界の大災害損失のかなりの割合を占めています。そのため、台風の被害を受ける前に、計画を立て、しっかりと準備することが企業にとって重要です。以下は、台風の前にオフィスや事業施設の備えをするためにできることです。また、台風が去った後で取るべき重要な行動でもありますので、ご参照ください。

利益保険および 補償の基本について

企業の多くが、自分の資産や財産の損害、各種の責任に備えて保険を掛けることの重要性を認識しています。しかし、大災害により事業を一時中断することとなった場合に、営業継続費用や利益損失について補償を受けるために、検討すべき重要な予防策がもう一つあります。それが利益保険と言われるものです。

水害と水濡れ損害について企業が知っておくべきこと

ご存知でしょうか?チャブ・グループへの保険金請求データによると、皆さまのオフィスが被害を受ける可能性が高いのは、火災ではなく水害と水濡れ損害であることがわかっています。

皆さまの会社が建物もしくはオフィススペースを所有したり借りたりしている場合、防災計画を作成し事前に準備をしておくことが必要です。

企業の皆様への サイバーセキュリティに 関する5つのアドバイス

サイバー攻撃から自社を守るために、事業主の皆様が実践可能な簡単な対策があります。

まず何よりも、ウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティソフトを常に最新の状態に保つことが肝要です。その上で、以下のリスク緩和措置を取ることをお勧めします。

事業における IoTリスク管理のヒント

IoTは、事業効率や顧客満足度、そして企業の収益性向上に大きな変革をもたらすことが期待されている技術革新の一つです。しかし、新しいテクノロジーには未知の新しい管理手法が求められるというビジネスリスクが付きまといます。

事業上動産を守るために どのような保険が 必要でしょう?

サービス業でも販売業でも、事業を営むための動産を盗難、損壊、滅失から守ることは重要なことです。なぜなら、これらの動産がなくなれば事業は継続できなくなるからです。
事業を継続する上で、お客さまが成功し続ける上で、意識しておくべきいくつかのヒントをご案内します。

【サイバーリスク】 企業のための ケーススタディ

皆様の事業に対してサイバー攻撃が及ぼす影響を把握し、攻撃を受けた際の初期対応策を平時から準備することで、損失を最小化することができます。

水害時緊急対応計画を 作成、有効にするための 5つのステップ

昨今、⽔害はより一般的となり、世界中でどの⾃然災害よりも多くの被害をもたらしています。⽔害は数⽇間にわたる時や、場合によっては数十分間という短い期間で起きることもあります。そして、従来は⽔害リスクがないと考えられてきた地域でも起こりうるのです。

事業保険の保険料を 決める 4つの要素

これから、事業を始める場合、事業を守るための保険を検討されるでしょう。
では、財物の損害、賠償請求、その他の業務上で発生するさまざまな問題を補償する保険を契約するためには、どのくらいの保険料が必要になるのでしょうか?

従業員の在宅勤務時に 事業をサイバー攻撃から 守るためのヒント

新型コロナウイルス感染症拡大により、多くの企業でテレワークやオンラインでの業務遂行という新しいビジネスモデルが浸透してきました。
これにより、リモート在宅勤務環境下でのサイバーセキュリティ対策を構築することが重要となっています。