工場、ビル、倉庫などの機械装置の事故に備えて機械保険

機械保険は、保険の対象である機械設備・装置が偶発的な事故によって損害を受けた場合の復旧修理費をお支払いする保険です。この保険をご契約されることによって、事故による不測の支出を毎年一定の経費におきかえることができますので経営の安定につながります。

対象となる機械(保険の対象)

保険証券記載の事業場において稼動可能な状態にある各種機械設備・装置が対象となります。

  • 動力機械…ボイラー、ターボセット、電動機、発電機 など
  • 作業機械…切削加工機、自動車整備機械、木工機械、印刷機械、製本機、紙器加工機械、製袋機、乾燥機、冷凍機、集塵装置、食品加工機、袋詰機、瓶詰機、缶詰機、アイスクリーム・フリーザー など
  • 事務・通信機械…電話交換機、有線放送装置、無線送受信機、電動計算機、電子計算機 など
  • 医療器械…レントゲン装置、電子顕微鏡、各種試験実験機器 など
  • 荷役・運搬機械…エレベーター、エスカレーター、立体駐車場 ロープウェイ、スキーリスト、クレーンその他の機械…受配電設備、集中制御装置、空気調和装置、タンク など
  • その他の機械…受配電設備、集中制御装置、空気調和装置、タンク など

(注1)次のものは保険の対象に含まれません。

  • ベルト、ワイヤロープ、チェーン、ゴムタイヤ、ガラス、管球類
  • 切削工具、研磨工具、治具、工具類、刃、金型、型ロールなどの型類
  • 潤滑油、操作油、冷媒、触媒、熱媒、水処理材料などの運転に供せられる資材(ただし、変圧器開閉または装置内の絶縁油ならびに水銀整流器内の水銀は、保険の対象に含みます。)
  • フィルタエレメント、電熱体、金網、竹、木部、ろ布、ろ布枠

(注2)保険証券に明記すれば保険の対象に含まれるもの

  • 基礎(アンカーボルトを含みます。)、炉壁(ボイラの炉壁を除く)、予備の部品

保険金をお支払いする場合

保険の対象に不測かつ突発的な事故によって生じた物的損害にたいして、損害保険金をお支払いします。

  • 従業員や第三者の誤操作、保守管理の不備による事故
  • ボイラー内の水不足(空焚き)による事故
  • 設計、材質、製作、組立の欠陥による事故
  • ショート、スパーク、過電流などの電気的事故
  • 物理的原因による破裂・爆発事故
  • 遠心力による破裂・飛散事故
  • 落雷、凍結による事故
  • 車両の衝突、航空機のつい落による事故

(注)ボイラー、蒸気タービン装置については、化学爆発損害担保特約を自動的に付帯しておりますので、これらに生じた化学反応による損害について生じた化学反応による爆発または破裂による損害もお支払いの対象となります。

保険金をお支払いできない主な場合

  • 保険契約者、被保険者、事業場責任者の故意または重大な過失による損害
  • 戦争、暴動、騒じょう、労働争議による損害
  • 地震、噴火、暴風、高潮、洪水、はん濫、地すべり等による損害
  • 核燃料物質、放射線照射、放射能汚染などによる損害
  • 化学反応による破裂・爆発によって生じた損害
  • 火災、火災による爆発もしくは破裂
  • 紛失、盗難、詐欺または横領による損害
  • 日常生活にともなう摩滅、消耗、劣化またはボイラースケールによるその部分の損害
  • 腐食、さび、浸食、キャビテーションの損害またはこれらに起因してその部分に生じた損害
  • 機械メーカーなど納入業者が法律上または契約上責任を負うべき損害

その他詳細について

「機械保険」の詳しい内容については、パンフレットをご覧ください。

パンフレットはこちら